あまり知られていませんが、日本は世界でも第四位の整形大国で、年間100万近い施術が行われています。美容整形といえば、たいていの病院が自由診療で行われるため、費用も高額になることが一般的です。しかし、美容整形の中でも症状が重度の場合や日常に支障が出る場合は保険適用ができる治療があることをご存知でしょうか。保険適用なのは、自分ではどうしようもない重度の症状であるわきが、逆さまつげによるまぶた下垂と目頭切開術、レーシック、更年期障害の治療、巻き爪、子供に多い臍ヘルニア、顎変形症など、意外にたくさんの施術が保険適用ができます。

ほかには、CMなどでも宣伝している禁煙外来なども美容整形とは異なりますが保険適用ができます。ただ、レーシックはそれ自体は保険はききませんが、加入している生命保険のプランによっては一部返金されることもありますので、詳しいことは加入している生命保険の担当に聞いてみるのが良いでしょう。しかし、必ずしもこれらの治療がすべて保険適用が効くというわけではなく病院によって自由診療だったりもするので、あらかじめ確認する必要があります。一般的に美容整形とは、ただ人がコンプレックスを解消して理想の自分を手に入れる方法ではなく、本来は生まれつきのあざやケロイドの傷跡など、色々な症状で悩む人がその症状を改善するために始まったものですが、どんどんとその意味が変わってきている気もします。

これだけ医療技術が進歩して、簡単になりたい自分になれるようになっても、整形することによってそのリスクがいつ来るのかということはあまりよくわかっていません。飽くまで医療行為であり、危険性もある施術であるので、そういったことをきちんと理解した上で施術を受けるかどうか考えるようにしましょう。豊胸がしわしわのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です