美容整形には様々な整形がありますが、その中でも人気が高いのが二重整形です。一重の人よりも二重の人の方が魅力的な目になり、比較的整形の中でも気軽に行う事が出来る美容整形となっています。そんな二重整形には二つの方法があります。一つは埋没法と呼ばれていて、安価で簡単に施術が終わるために学生から社会人まで幅広い年代の人に人気があります。

まぶたを医療用の細い糸で縫い留めるという方法であり、糸で簡単にまぶたを止めているだけなので、何かの拍子で糸が切れて元に戻ってしまう可能性がありますが、糸を切るだけで簡単に元の状態に戻せるのはメリットであるとも言えます。失敗したら取り返しがつかないような美容整形よりも、もっと気軽に出来た方が良いという人に最適な方法です。もう一つの方法は、切開法と呼ばれる方法です。こちらの方法は、まぶたを希望したラインで二重になるように切開する方法であり、埋没法よりも費用は高額となります。

一度施術をしたら切開しているために元に戻るという事は無いのがメリットです。ただし、元に戻らないというのは同時に思ったような二重にならなかった場合には、デメリットとなります。そのために切開法で二重にする場合には医師の技量が大切なのは当然として、コミュニケーションをしっかりとって自分の希望の二重の形をしっかりと伝える事が大切です。切開法は元に戻らないために、二重になりたいという気持ちが強い人に適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です