表参道の周辺で何らかの事故に遭い足を強打してしまい、整形外科を訪れたとします。受付が急患と判断し、すぐに医師の診察室へ案内してくれます。診察の結果、骨折の可能性があると医師が判断した際は、近くの大きな病院に連絡を入れて、レントゲン撮影させてほしいと依頼します。そして患者を自身が所有する車に乗せ、大きな病院へ行きレントゲン撮影をして骨の状態を判断します。

骨の状態が骨折だった場合は、再び表参道の整形外科へ戻り、患者をベッドに座らせて治療をします。骨折した箇所に湿布を貼り、湿布に添え木をつけて足を固定させ、その上を包帯で何度も撒くので、患者は痛みを感じにくくなります。治療が終わった後は、患者が歩きづらいので松葉杖を貸してくれます。そして歯科医は患者に対して、しばらくの間は表参道の整形外科に治療のために通って下さいと話します。

骨折の治療は1ヶ月以上かかる場合がほとんどなため、患者は承諾する可能性が高いです。最初の1週間は痛みが残っているので、無理なリハビリは勧めてこないです。2週間目に入ると、松葉杖を使った運動のやり方を教えてくれます。リハビリの最中に痛いと感じた時は、医師に必ず伝えましょう。

ただ、平地や緩やかな坂道程度は移動できますが、急な坂道や階段などは移動しないほうが無難です。1ヶ月も経過すると、骨折による痛みはほぼ感じなくなっていると思われます。ですが、まだ完全に治っていないので、完治したと判断するのは整形外科の医師の判断を待ったほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です