豊胸とは、何らかの手段によってバストアップをはかることを言い、一般的には手術などを介して胸を大きくすることを指します。豊胸手術の方法は様々ありますが、シリコン製のバッグを乳房の中に入れる方法が主流とされています。これ以外にも、脂肪を注入する方法やヒアルロン酸を注入する方法もあります。豊胸手術は胸の小さな人以外にも、胸が垂れてしまった人や、左右の形が違う人なども行なうことがあります。

また、乳がんや事故などによって乳房を除去してしまった場合に行われるのは、乳房再建術と言います。豊胸手術を行なう前に知っておきたいこととして、トラブルが発生することもあります。炎症や痛みが生じたり、きちんとしたバッグが利用されなかったために、何度も手術を受ける羽目になったといったトラブルもあります。このように安全性などにも問題があるために手術をする前に、しっかりと病院やクリニックの診療やカウンセリングを行なう必要があります。

豊胸の手段は、手術以外にもマッサージや食事によるバストアップやブラジャーなどの下着でバストを大きく見せる方法もあります。これらは実践しても必ずバストアップする方法とは言えず、個人差があると言えます。また、成長期の女子であれば自然と胸が大きくなる可能性はあるため、無理な手術をする必要はありません。ほかにも、急激なダイエットなどが原因で胸が小さくなったりすることもあるので、普段から生活習慣などに気を使うことも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です