現在、バストアップをするために豊胸手術を受けることは珍しくありません。手術の種類としては、主に3種類あり、自分の脂肪を吸引し、その脂肪細胞を活性度を高めた幹細胞と混ぜて胸の部分に注入する幹細胞を使用したものや、ヒアルロン酸を注入してバストの形や大きさを整えるもの、シリコンバッグを挿入するもの等があります。ただ、一度の豊胸手術でサイズを大きくしたバストを永久に保つことはまだ難しく、バストにシリコンバッグなどを挿入している場合は、年が経つにつれて体内のシリコンバッグが劣化し、形が変形することがあります。こういった問題に対応するために、メーカーでは耐久性に優れている豊胸バッグを開発しています。

また、手術後の定期検診や保険制度、交換制度を充実させているクリニックもあるので、豊胸をする際にはクリニックをよく選ぶことが重要になってきます。手術でバストアップする場合、すぐに効果が期待できるのが特徴だと考えられます。手術でする方法の他に、エステで豊胸することもできます。方法としては、リズム感のあるテンポでバスト全体を引き上げてマッサージし、バスト内の血行促進や収れん効果などで新しい細胞の成長を促すハーモニックバキュームや、赤色LEDをバストに照射しコラーゲンやエラスチンの生成を促進するLEDマスク、EMSパッドを胸に取りつけて低周波トリートメントを行うことによって、クーパー靭帯やバストを支える筋肉を強化する方法等があります。

エステの場合、効果はすぐには出ないので長いスパンでバストケアを行うことが必要ですが、身体を傷つけることがほぼないのが特徴だと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です