近年では、美容クリニックではいろいろな豊胸施術が行われています。シリコンパックを入れたり、ヒアルロン酸注入施術などがありますが、なかでも人気なのが脂肪幹細胞注入法です。この豊胸施術は、お腹や太ももなどから吸引した脂肪に含まれる幹細胞を一緒にバストに注入する施術です。この施術には、色々なメリットがあります。

1つは、自分の脂肪細胞を注入するので胸の感触が柔らかくて自然な仕上がりになることです。また、自身の脂肪なので身体への負担が少ないことも特徴です。通常のバストと殆ど変わらないので、人に気付かれることも全くありません。また、現在バッグで豊胸している方は、バッグを抜いて脂肪注入法でバストアップすることが可能です。

また、この脂肪幹細胞注入法はバストの定着率が非常に高く、効果の持続期間が長いのも特徴です。そもそも脂肪幹細胞注入施術で使われる幹細胞は、さまざまな組織へと分化する細胞です。注入された幹細胞は新しい血管となって、その血管が脂肪を栄養とするので生着率が大幅に長くなります。しかも、この施術は気になる部分から脂肪をとって施術を行います。

ですから、自然と体のサイズダウンをすることもできます。 脂肪幹細胞注入のダウンタイムは、約1週間程度となります。その間、医療用テープでバストを保護することになります。しかし、普通に仕事をしたり、家事をしたり日常生活を送ることができます。

副作用も全くないので、興味がある方は試してはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です